スポンサーリンク

CPUガチャ(Gachapon)。XEONどうする??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はい。どうも。

本当は名古屋に行く予定は無かったのですが、どうしてもゆるキャン△のゲーマーズ特典が欲しくて、国道を走りました。

やっぱり大須に来たら、パソコンショップパウですね。たまにCPUガチャをやっているところです。安いところがいいんですよね。

大須って、商店街の印象はもうないんじゃないかなと思ったりしています。タピオカとか唐揚げとかオタクとか、サブカルチャーに引継ぎしている感じが強いですね。特に、大津通側のお店はよく変わりますねぇ。

大須アメ横ビル二階に、存在します。ツクモと同じ場所です。

CPUガチャ一つ目

まあ、ガチャガチャの所も撮影すればよかったのですが、忘れました。二回までよかったのでもちろん二回しました。一回100円です。(10円の所に入れようとしていたのは……。)

Intel® Xeon® Processor 3050

Intel® Xeon® Processor 3050というやつらしいです。

ここれは、外れですかね。100円なので外れとか無いのですが、私は見てもいいやつか判断できないのでお持ち帰りするまで不明なんですが、一つ古いか古くないか調べるなら、IntelのCPUって、ピン付いてないと思います。もし、付いているやつGETした場合まあ、幾分の年数はあると思っています。

性能

2005年に発売。Core 2 Duoぐらいの性能。LGA775が使えるという情報を確認した。

2コア2スレッドで、基本2.13GHz TDP65W

これ使い物にならないよ……。

二つ目

Intel® Xeon® Processor X5550

インテル® Xeon® プロセッサー X5550というやつです。

これは当たりかも。

性能

2009年発売。

2009年3月30日に発表された製品である。以前の開発コードネームGainestown-DP(ゲインズタウン-DP)と呼ばれ、デュアルコア製品はDC、クアッドコア製品にはQCと派生コードが与えられていたが、開発コードネームはNehalem-EPに変更統一された。

CPUに3チャンネルのメモリコントローラを内蔵し、メモリとの同期クロックに1333/1066/800(MHz)の3つのグレードが用意されている。ただしメモリスロットの実装本数によって同期クロックは変化し、1333MHz対応製品でも12本実装時は1066MHz、それ以上(14〜18本)実装時は800MHzと実装本数が増える毎に同期クロックは低下する[7]。

ソケットはLGA1366、モデルナンバーは5500番台、対応チップセットはi5520およびi5500。また、X58チップセット上でユニプロセッサとして稼働可能である。

なお、モデルナンバーの前につくアルファベットは W=TDP130W, X=TDP95W, E=TDP80W, L=低電力モデルを表す。

by wikipedia

基本2.66GHz 4コア8スレッド 95w

使えないことはないけど。二ついるということが発覚!これは一つだけでは無理ということ。まあ、試したりしません。

メモリーの仕様が1333までなので、ちょい悲しい。

総評

基板の方にグリスがついているので、そのままでは使えないと思う。少しならいいんですが結構ついているので……。

マザーボードやメモリーを購入して、試したりしないのであしからず。

保存します。

使えそうな物は売ったりしています。今回のガチャにより4つ目を獲得しました。今使っているi3-3770はi5-2400にから交換しました。そのi5-2400は900円でメルカリで売りました。数秒で売れました。メモリーはPC3L-12800S 4GBは、330円で売りました。結構早かった。

CPU

これらは、前にガチャしたものです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする